FA-Server Ver6のダウンロード

※ライセンスがない場合、オンライン接続時間が2時間で自動的に切断されます。


インストール方法

  • インストーラのダウンロード

    本ページのダウンロードボタンより、インストーラをダウンロードして下さい。

    インストーラは32Bit版と64Bit版が用意されています。
    ご使用いただく製品の推奨は64Bitとなります。 ただし、以下の内容に当てはまる場合は32Bit版をご使用ください。

    • 三菱非公開プロトコルを使用した通信ドライバを使用(*1)(*2)
    • 32BitOSで動作させる
    • (*1) 本機能は32Bit版のみ提供されます。
    • (*2) 三菱電機の主にMELSECNET/CCLINK/CPU直結ポートで通信を行うドライバです。
    • ※64BitOSでも32Bit版の製品をご使用いただくことが可能です。その際にはWOW64で動作します。

    64bit版のインストールを選択する際、下記の条件に当てはまる場合は32bit版も同時にインストールしてください。


    FA-Engineについて

    FA-Engineは、FA-Serverのライセンスで利用できる、完全に独立したオプションパッケージです。
    FA-Engineは、VisualBasic用のPLC通信ライブラリ(ActiveX)で、通信を行う全機能がVisualBasicへ組み込まれるため、FA-Serverを起動する必要がなく、最もシンプルな構成でシステムを開発できます。 詳しくはこちらをご確認ください。

    FA-Engineを使用する場合、下記のボタンよりインストーラをダウンロードして下さい。(FA-Serverのインストールは必要ありません。)


    ※ライセンスキーがない場合、FA-Engineは仮想通信モードで動作します。
    仮想通信モードでは、実際にPLCとの通信は行わず、仮想的に通信をしているようにふるまいます。



    インストーラは32Bit版と64Bit版が用意されています。
    ご使用いただく製品の推奨は32Bitとなります。 ただし、FA-Engineを組み込んだユーザーアプリケーションを64Bitでコンパイルしたい場合、32bit版と64Bit版の両方をインストールしてください。(*1)

    • (*1)ユーザーアプリケーションを64Bitでコンパイルした場合、「三菱非公開プロトコル」は使用できません。「三菱非公開プロトコル」は、主にMELSECNET/CCLINK/CPU直結ポートで通信を行うドライバです。
  • インストール

    ダウンロードしたインストーラを実行するとインストールウィザードが起動しますのでウィザードに従い、インストールして下さい。

    ※インストーラ実行時に「WindowsによってPCが保護されました」の表示が出る場合、左側の「詳細情報」のリンクを押し、「実行」ボタンを押してインストーラを起動させてください。

  • マニュアル

    「マニュアル」で、FA-Server6の使い方をご確認ください。

    ※FA-Engineを使用する場合は、こちらの「マニュアル」をご確認ください。

  • インフォメーション

    パッチやマニュアルのダウンロード、FAQなどについては「サポートサイト」をご参照ください。