質問

OPC接続時の通信方式は、何を選択すれば良いですか?

 |  |  |  | 

この質問に対する回答
  • OPCサーバとして動作させる場合
    OPCサーバとしてOPCクライアントからの接続を受け付ける場合の通信方式は、OPCクライアント側で選択します。OPCサーバとしては以下の通信方式に対応しており、OPCクライアント側で選択してください。

    • 同期通信(キャッシュ、デバイス)
    • 非同期通信(キャッシュ、デバイス)
    • 変化通知
  • OPCクライアントとして動作させる場合
    <通信方式の選択>
    「変化通知」はOPCクライアントからの要求ではなく、OPCサーバーからの値変化の通知を受ける方式になります。「変化通知」では、更新周期によるキャッシュ値更新の際、値に変化があればOPCクライアントに通知されることになります。
    これに比べ「同期通信」は、OPCサーバはOPCクライアントからの要求に対してメソッドの引数にデータを確認して返します。この間、OPCクライアントはそのメソッドがリターンするまで待ち状態となります。その為、OPCクライアントの待ちが発生することとなりますので、通常は「変化通知」を推奨とさせて頂いております。
    但し、変化通知が多く発生する場合、「変化通知」を選択していると、OPCサーバー側の負荷が高くなる場合があります(値の変化がms間隔等で値の変化が行われる場合等)。そのような場合「同期通信(キャッシュ値)」での通信を推奨致します。「同期通信(キャッシュ値)」は一定間隔(アップデートレートで設定)で通信を行うため、負荷が安定致します。「変化通知」でOPCサーバの負荷が高い場合は、「同期通信(キャッシュ値)」にて通信を行い、動作確認を行なってみてください。
    ※「同期通信(キャッシュ値)」はキャッシュを見に行くことで負荷が減りますので、通常は「同期通信(リニア値)」ではなく「同期通信(キャッシュ値)」を選択してください。
この回答は、お客様のお役に立ちましたか? はい いいえ